POLAのホワイトショット CXSの効果と口コミ

ホワイトショット CX

白くするのではなく肌が本来持っている白くなる力を引き出すくすみ美容液

ホワイトショット CX

無色透明で美容液では珍しく化粧水のようなさらさらとしたテクスチャー。今まで使用した美容液の中でも即効性があり肌全体のトーンが上がった気がします。1本使い終わる頃には自分の肌がどれだけくすんでいたか実感させられました。高価なので買うのにとても悩みましたがその分効果はあるので使ってよかったです!

累計555万本!大人気くすみ美容液。みずみずしい液状の美容液が角層まで浸透し肌が本来持っている白くなる力をサポートしてくれる特徴があります。またポーラオリジナル複配合成分がメラニンの生成を抑制しながらくすんだ肌を透明感のある肌へと導きます。肌トーンが下がり始めた方に試してみたい美容液です。
16,200円・税込
公式HPへ

 

《商品解説》
POLAのホワイトショットCXSは「にごり肌」の解消をコンセプトに開発されたポーラの美白美容液です。
くすみの原因といえば紫外線のダメージといったものがまず浮かびます。

加齢による肌濁りにアプローチ

PホワイトショットCXSくすみ効果成分特徴

しかしこの製品では加齢がもたらす肌のにごりを大きな原因として定めています。

 

その結果、紫外線対策とともに対策を行っていける内容となっています。

 

ターンオーバーや角質細胞の乱れといったにごり肌をもたらす要素を独自の成分、処方で改善していくことができます。

 

オリジナルの複合成分「ルシノールCX」とは
・ルシノール、マジョラムエキス、ショウキョウエキス、ビタミンC誘導体の4つの成分で成り立っている

 

・優れた抗酸化作用で加齢によるにごりを予防・改善に役立つ

 

・もう1つの独自成分・クリアノール(アンティチョークとゆずのエキスをブレンドして作られている)と相乗効果が得られる

 

独自の処方「ダイレクトデリバリー処方」
・有効成分を角質層のすみずみにまでしっかりと届ける

 

・有効成分を大小2種類のエマルションに配合、さらにそれぞれのエマルションには吸着しやすい剤を使用
  →粒子の大きなエマルションはゆっくりと浸透
    小さなエマルションは急速に浸透することで時間差をもたらし、効果の持続を高めている

 

PホワイトショットCXSくすみ効果成分特徴

とくに年齢を重ねた肌は内部の水分が失われやすい状態にありますから美容液には即効性の持続性の両方が求められます。

 

この点POLA ホワイトショットCXSはエイジングケアにピッタリです。

 

また、このダイレクトデリバリー処方は使用した部分にピンポイントに浸透させることもできるので、目元や口元などくすみができやすい部分に使用するにも適しています。

 

オールインワン化粧品にプラスしてケアを行う際にもお勧めです。

 

このように、ホワイトショットCXSはPOLAならではの独自の技術力が活かさせたくすみ美容液です。

 

年齢とともに肌の濁りや黒ずみが気になり始めた人は日々のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

くすみ化粧品選びのポイントとくすみ対策

くすみ化粧品の効果的な選び方

種類や原因で必要なケアが異なる

PホワイトショットCXSくすみ効果成分特徴

くすみ化粧品はくすみの種類や原因に合わせて適切に選んでいくことが大事です。

 

見当違いなくすみケア化粧品を選んでしまうとどんなに一生懸命ケアを行っても効果が得られず、

 

どんどん悪化してしまう恐れがあるのです。

 

くすみの主な原因
・メラニン色素の沈着
・血行不良
・糖化

 

さらにそれぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

 

メラニン色素の沈着

特徴

・年齢肌でよく見られる
・シミと比べて広範囲に沈着が起こる

原因

・シミと同様、紫外線やスキンケアの刺激、ストレスなどの影響で
 メラニン色素が増加し、沈着を起こすことで生じる

対策 美白成分による対策が有効
効果的な成分

アルブチン、トラネキサム酸、ハイドロキノン
 →美白成分は肌に刺激をもたらす面もある、
  あくまで自分の肌に負担をかけることなく使っていける範囲内で選んでいくことが大前提

 

血行不良

特徴 年齢を重ねると増えていく 
原因

・血行不良によってヘモグロビンの濃度が減少すると血液が青黒くなり、それが皮膚を透かして見えるようになる
・皮膚が栄養不足で透明感が失われることで目立つようになる

対策

・根本の原因となっている血行不良の改善が不可欠
・化粧品によるケアだけでなくマッサージなどもうまく取り入れる必要もある

効果的な成分 ナイアシンアミドやイチョウエキス、トコフェロールといった血行改善効果を備えた成分

 

糖化

特徴

・近年になってくすみの原因として注目を集めている
・全体が黄ばんだように見えてしまう

原因

老化によって体内の糖分とコラーゲンが結合することによって発生する
AGEsという黄褐色をした物質が肌に蓄積する

対策 老化対策が主
効果的な成分 ビタミンC誘導体、コエンザイムQ10、アスタキサンチンといった抗酸化成分

このように、まず自分のくすみの種類と原因をしっかりと把握しておくことがくすみケアの基本です。

 

その上で自分にとってもっとも効果が期待できるものを選んでいきたいところです。

くすみの原因にはどんなものがある?

自分の原因をまず把握する

PホワイトショットCXSくすみ原因効果成分特徴

肌トラブルのなかでも対策が難しいのがくすみです。

 

シミやシワと違い「なんとなくくすんでいる」といった曖昧な状態も多く、

 

また原因が特定しにくいためそもそも有効な対策方法を見極めるのが難しいのです。

 

くすみの原因はさまざまです。まず自分がかかえている原因を把握することが対策の第一歩となります。

 

くすみの原因の種類
ターンオーバーの乱れによる角質肥厚
メラニン色素の沈着
乾燥
糖化

 

それぞれの原因によって、対策や効果的な成分は異なってきます

 

ターンオーバーの乱れによる角質肥厚

特徴

・もっとも代表的な原因
・表面がザラザラした状態になる

原因 古くなった角質が積み重なることで透明感が失われる
対策

・ターンオーバーを活性化する成分が含まれた化粧品を使用
・ピーリング化粧品で角質を一気にはがしてしまう
 →刺激が強いので肌の状態を考慮したうえで慎重に行う

効果的な成分 コラーゲンやEGFといったターンオーバーを活性化する成分

 

メラニン色素の沈着

特徴 茶色がかったくすみ
原因

・ターンオーバーの乱れ
・生成されたメラニン色素が排出されずに皮膚に沈着してしまう

対策

・紫外線や肌荒れなどメラニン色素を増やす原因を改善す
・ターンオーバーの活性化
・美白成分が配合された化粧品の使用

効果的な成分 ハイドロキノンやビタミンC、アルブチン等

 

乾燥

特徴 肌表面がカサカサに硬くなってしまうことでくすんでみえるようになる
原因 表面のハリと弾力が失われる
対策 

・とにかく保湿
  →くすみ対策だけでなくエイジングケア全般において非常に重要な意味を持ってくる
   化粧水や美容液でしっかりと保湿を心がける
   乾燥肌の人は水分が蒸発しないよう、クリームを使用するのもお勧め

糖化

原因 老化によって体内の糖質がたんぱく質と結びつくことで生じる
対策 抗酸化成分が配合された化粧品による老化対策が重要
効果的な成分 ビタミンC誘導体、コエンザイムQ10、アスタキサンチンといった抗酸化成分

 

こうした原因と種類ごとの対策方法の違いをしっかりと確認した上で自分のくすみの状態を調べてみましょう。

くすみの予防と対策

PホワイトショットCXSくすみ原因効果成分特徴

くみすみの予防と対処方法に関しては、くすみの種類や原因をしっかり把握したうえで日々の生活の中でうまく取り入れていくことが大事です。

 

集中的なケアよりも日常生活の中で積み重ねていける方法の方が適しているのです。

 

くすみの主だった原因と対策

原因 対策
メラニン色素の増加

・メラニン色素の生成を抑制
  →紫外線によるダメージ、スキンケアなどによる肌への刺激、
   乾燥による肌環境の不安定化や吹き出物による炎症といった肌トラブルにも注意
・美白成分によるケア

乾燥 保湿対策
炎症 殺菌作用や抗炎症作用を備えたスキンケア製品の使用

 

それからターンオーバーの正常化。

 

これは予防はもちろん、すでにできてしまったくすみの対処方法としても非常に重要なポイントです。

 

ターンオーバーの正常化とは

効果

・メラニン色素が沈着しないよう予防できる
・メラニンの沈着や角質肥厚によるくすみの改善に役立つ

対策

・睡眠環境の改善や適度な運動といった日々の生活の見直し
・スキンケアや食事でビタミンCやビタミンE、レチノールといったターンオーバーの活性化に役立つ成分をうまく取り入れる
・ピーリング効果を備えた洗顔料を使用
  →少々刺激が強いので肌環境をよく踏まえた上で可能かどうかを判断することが大事
・老化対策

そして老化はターンオーバーの乱れだけでなく糖化の原因にもなります。

 

糖化とは

原因

・糖分の過剰摂取と加齢による老化
・余分な糖分とたんぱく質が結びついてできるAGEsという物質が黄ばみをもたらす

対策

・日ごろから老化を防ぐ
・抗酸化成分の活用、活性酸素を増やさない為の紫外線対策